• Home
  • 商品一覧
  • 美味しい理由
  • 手造り加工所紹介
  • 手づくり食品加工のコツ
  • 農産物を加工したい方へ
  • エコへの取り組み
  • 会社概要
  • 小池芳子プロフィール
  • スタッフBlog

心打たれ(こころうたれ)

美味しい焼き肉のタレを買うならココ!

原料の半分以上が、信州産の完熟りんごをたっぷり使った「焼き肉のタレ」
焼肉の街 飯田で生まれた手作りの美味しさをご家庭の食卓にお届けします。

熟成小池の心打たれ

心打たれが選ばれる3つの理由

その1

完熟りんご

「心打たれ」には、蜜がたっぷり入った信州産の完熟りんご(ふじ)を贅沢に使っていて、
その量はなんと全体の半分以上!!
だから、他にはないコクと深い風味が美味しいのです

その2

焼き肉のタレ

昔から焼き肉が盛んに食べられてきた、ここ南信州。
お肉を美味しく食べるには、美味しいタレが欠かせません!
そんな焼き肉の街で生まれた『心打たれ』。
りんごや玉ねぎをふんだんに使い、お肉との相性は抜群です!
辛くはないので、辛いものが苦手な方も、お子様にも召し上がっていただけます。

 

飯田市は人口1万人あたりの焼肉店舗数が5.32軒と、

全国の市の中で最も焼肉店が多い街です。(ちなみに全国平均は1.7軒)

飯田では焼肉は特別な食べものというより、日常的な料理のひとつです。

「なにかあると焼肉」があたりまえの人々にとって焼肉はいわばソウルフード、
とっても身近な存在です。

おいしい焼肉店も確かに多いのですが、 焼肉好きの飯田の人は、お店ばかりではなく お肉屋さんでお肉を買って 集会所でも、家庭でも、鉄板をセットして、焼肉を楽しむスタイルです。

中でもこの地域の焼肉といえばマトン!
昔からジンギスカンが一般的に食べられてきました。
牛や豚も食べられていますが、長年マトンが焼肉の主役でした。

また、モツなどの内臓を食べる文化も発展していて、他の地域にくらべ焼肉の種類も多彩です。

お肉を美味しく食べるには、タレが重要です!!

小池手造り農産加工所の『心打たれ』は完全手造り! 

南信州産のりんごや玉ねぎを ふんだんに使っていて お肉との相性抜群です!! 

その3

心打たれの調理例

焼き肉のタレとしてはもちろんですが、野菜炒めの味付けに使うと絶品!
チャーハンや、焼うどんの味付け、マヨネーズと混ぜてサラダのドレッシングに!
何にでも幅広くご使用いただける、まさに万能タレです。


焼き肉のたれとしてはもちろん
アイデア次第で様々な料理にお使いいただけます!


『焼肉』 文句なしの美味さ!りんごや玉ねぎたっぷりで野菜そのものを食べてるような満足感です!
焼き肉のタレ
『ビビンバ』キムチや豆板醤と合わせて、韓国料理も簡単にできます。
焼き肉のタレ
『焼肉丼』 お肉を焼いてさっと合わせて、つゆだくでご飯の上にのせるだけ!
焼き肉のタレ
『チャーハン』 簡単で本格!納得の味に仕上がります!
焼き肉のタレ
『焼きうどん』 焼きうどんや焼きそばにも合います。玉ねぎと林檎の旨味がたっぷり。
焼き肉のタレ
『お好み焼き』 関西に負けない信州味の醤油風味お好み焼きはいかがでしょうか?
焼き肉のタレ
『野菜炒め』 お肉と野菜をじゃん!と炒めて、仕上げに心打たれをからめるだけ。
焼き肉のタレ
『豚しゃぶに』 さっぱり豚肉にこってり味。野菜にも合います。

心打たれのラインナップ
焼き肉のタレ

  『心打たれ』は全部で3種類。

●定番の心打たれ

●スパイスと辛さを引き立たせ病みつきになる辛さに仕上げた
『心打たれ<辛口>』

●信州味噌の豊かな香りとスパイスの深い味わいに仕上げた
『心打たれ<信州みそ>』

8
  • ジュース
  • 酢・飲む酢
  • ジャム
  • トマト加工品
  • ドレッシング
  • 調味料類
  • 惣菜・漬け物
  • 健康食品
  • 味噌加工品